クレマチス

イギリスには、たくさんの種類のクレマチス(てっせん)の花が咲きます。
春早くから咲くもの、5,6月に咲くもの、夏にかけて咲くもの。

庭の木に登るように咲く、クレマチス”Bill Mackenzie"は、まるで木に花のレースを
かけたようになります。

絵の”Gravetye Beauty"は、私のお気に入りのクレマチス。
玄関先に植えています。

e0176037_845141.jpg

[PR]
# by drawer-uk | 2009-08-09 08:47 | お庭のこと

ウェディング

今日は、お店のとなりにある教会で、結婚式がありました。
随分と前から、教会の庭師さんが念入りに雑草取りなどをしていて、
8月に結婚式があるから、きれいにするんだよ、と言っていました。

結婚式って、本当に空気を幸せにしてくれます。
青空に、教会のベルの音が鳴り響き、平和な気持ちになりました。

このカップルには、すでにかわいらしい小さな娘さんがいて、
これは、イギリスならではの結婚式の様子ですよね。
今までに、数回、お子様がブライズメイドの結婚式におよばれしたことがあります。
小さな娘さんは、お母さんの花嫁姿を心にしまって、大きくなっていくのですね。

花嫁さんが、小さな花嫁さんみたいな娘さんを抱っこしている姿、
人生で一番幸せな時でしょう!
e0176037_942367.jpg


かわいい娘さん。
e0176037_953056.jpg

[PR]
# by drawer-uk | 2009-08-08 09:06 | お店のこと

王室御用達のカップ&ソーサー

ロイヤルドートン、ロイヤルコペンハーゲン、ロイヤルアルバート、、、、王室御用達の”ロイヤル”の名前が付いた陶器の会社はいくつかありますが、
イラストのROYAL GRAFTONは、とても繊細な食器を作り続けながらも、1972年になくなってしまった名前です。

ROYALロイヤル、王室御用達って言われると、急にその物がとっても偉ーく、立派に見えてしまいます。
でも、イギリスの王室御用達って、意外と普通のスーパーに売っている、キャドバリーのチョコレートなど、庶民的なものにもついているのです。
e0176037_835585.jpg

[PR]
# by drawer-uk | 2009-08-07 08:05 | アンティークのこと

小さなティーポット

’GIBSONS' 、STAFFORDSHIRE(スタッフォードシャー)のティーポット。
GIBSON &SONSは、ディナーセットや、ティーセットもので有名です。
特にティーポットが一番有名。
1907年ー1910年に、世界で一番大きいティーポットを作ったそう。
1024人分のティーが作れるほど大きいティーポットでした。
どんなに大きいティーポットか、見てみたいです。

イラストのティーポットは、1940年代のもの。
ウェブショップでお買い上げいただきました。箱に詰められて、明日日本へと出発いたします!
e0176037_551978.jpg

[PR]
# by drawer-uk | 2009-08-04 05:53 | アンティークのこと

看板つくり


お店の看板を、車からも見えるように作りました。
なにで出来ていると思いますか?

実は、以前はベットの頭のところだった板で出来てます。
自分が以前使っていたものですが、何かに使えるかも、、、と
庭に置いたままになっていたものを再利用!

e0176037_805922.jpg

[PR]
# by drawer-uk | 2009-07-28 08:02 | お店のこと